新規就農した「たけ」です。一人で野菜を作ってます。営農7年目。。。


by take_7303
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

天狗岳

昨日今日と、お泊りで八ヶ岳の天狗岳に行ってまいりました。

群馬から八ヶ岳に行くには賑やかな西側はちょっと遠いので
東側の近場からアプローチできるところを物色し
稲子湯近くのみどり池入口から入山して、しらびそ小屋で1泊し
天狗岳の西天狗まで往復するコースを選択。

1日目、車で3時間弱でみどり池入口の登山口に到着。

樹林帯をてくてく歩いて、しらびそ小屋には1時間30分ほどで到着↓
b0067179_20474320.jpg
ここまではアイゼン不要だった。

しらびそ小屋はみどり池のほとりにあり
冬季の池はご覧のとおりで奥には天狗岳がそびえる↓
b0067179_20475181.jpg
お昼頃には宿についてしまったので、小屋でのんびり本を読んで過ごす。
この日のお客さんは私も含めて3名のみ。

2日目、今日は行程が長いので朝7時に小屋を出発。しばらく歩いてからアイゼン装着。

途中、中山峠の直前が意外と悪かった。
峠の東側は雪が吹きだまりやすいのか??トレースはあるが雪がフカフカで締まっていない。
傾斜がキツイのに足場はフワフワしているし
ピッケル差してもグラグラでしっかりと効いていない感触。
ちょっとビビりながらも登り切る。
今回のコース、ここが一番難しかったような気が・・・。

左の岩岩の山が東天狗、右の真っ白の山が西天狗↓
b0067179_2048530.jpg
気合いを入れて朝早すぎたせいか??
中山峠に出てから東天狗への登りまでは時折雪煙が舞うほど風が強かったが
山頂に着くころには風も弱まる。

左奥が東天狗山頂↓
b0067179_20482296.jpg
b0067179_20482988.jpg
東天狗山頂からの西天狗↓
b0067179_2049179.jpg
西天狗への道↓
b0067179_2049794.jpg
b0067179_20491449.jpg
今回この西天狗への往復が一番よかった。
b0067179_20493140.jpg
b0067179_20493866.jpg
西天狗山頂↓
b0067179_20544094.jpg
天気も良くて今日は当たり日だった。遠くの山々もきれいに見える。

西天狗から東天狗へ戻る↓
b0067179_20502568.jpg
b0067179_2050331.jpg
今日の行動時間は6時間ほど。
ちょっとがんばれば日帰りも可能か??
来年は硫黄岳まで足を伸ばしてみようかな。。。

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになるのでポチっとお願い致します↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへビジネスブログランキング
[PR]
by take_7303 | 2012-02-28 22:05 | 登山

湯ノ丸山&烏帽子岳

ご無沙汰しております。
コタツに根が生えて沈没しておりました。

ぼーっとしているうちに冬休みが終わってしまいそうなので
1ヶ月ぶりに山に行ってきました。

ここのところアイゼンばかりだったので
久しぶりにスノーシューをしに湯ノ丸山&烏帽子岳に行ってきました。

今日はきれいに晴れて山頂でもあまり風が吹かず
登っていると、ちょっと暑いくらいのベストコンディション。

湯ノ丸山↓
b0067179_17524734.jpg
キャンプ場までスノーシュー無しで登ってから、いざスノーシューを履いてみると
冬靴が甲高すぎるせいか??止めバンドの長さが足りないことが判明↓
b0067179_17525479.jpg
このスノーシューは4本のバンドで靴を固定するタイプ。
バンドをフックに引っかけてから折り返して金属のポッチにバンドの末端をはめ込むのだが
4本あるバンドのうち、足首あたりの2本のバンドが金属のポッチまで届かない。

やむなくそのまま登ってみたところ、つま先とかかとのバンドは
きちんと固定されているので、外れそうになることはなかったが
強い負荷がかかった時にはちょっと心配。。。

このスノーシューは女性用なので、男性用だったらもう少しバンドが長いのかなあ??
ちょっとがっかり。。。

湯ノ丸周辺は昨年よりも雪が少ないとのこと。
烏帽子岳の頂上までカチカチに踏み固められたトレースがついてました↓
b0067179_17532011.jpg
そんなわけでアイゼンで登っていた人もいて、トレースを外さなければアイゼンのほうがいい。
軽アイゼンでも十分かも??

湯ノ丸山頂上からの烏帽子岳(中央右手)↓
b0067179_17532863.jpg
湯ノ丸山と烏帽子岳の間の鞍部から烏帽子岳を望む↓
b0067179_17533697.jpg
b0067179_17535272.jpg
烏帽子岳の稜線には小さな雪庇が見られる↓
b0067179_1754474.jpg
烏帽子岳は湯ノ丸山のオマケだと思っていたが、実は烏帽子岳のほうが登っていて面白い。

特に稜線に出てから頂上までの稜線歩きが楽しい↓
b0067179_17541650.jpg
b0067179_1754255.jpg
烏帽子岳の稜線への登りは直登ルートと左側へトラバースぎみに登っていくルートがあるが
トラバースルートのほうがジグザグで登りやすく、稜線歩きが少し長くなるので
こっちのほうが面白いと思う。
b0067179_17543250.jpg
湯ノ丸山頂から烏帽子岳山頂までは2時間弱。
帰りは湯ノ丸山に戻らずバイパスルートで下山すると、休憩含めて5時間強の行程。

烏帽子岳オススメです。

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになるのでポチっとお願い致します↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへビジネスブログランキング
[PR]
by take_7303 | 2012-02-21 18:47 | 登山